• ホーム
  • >
  • 診療科・部門のご案内 : リハビリテーション部
リハビリテーション部

概要

東可児病院リハビリテーション部では「親切・丁寧」をモットーに、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・相談員・診療助手が連携し地域の患者様に最適なプログラムでリハビリテーションサービスを提供しています。
急性期から維持期まで、中枢疾患・整形疾患から循環器疾患・スポーツ疾患まで、幅広く対応しています。

担当医師紹介

施設概要

  • 中枢疾患・廃用症候群 ( 脳血管等リハビリテーション Ⅰ )
  • 整形疾患・スポーツ疾患 ( 運動器リハビリテーション Ⅰ )
  • 循環器疾患・心臓リハビリ ( 心大血管リハビリテーション Ⅰ )
  • 維持期リハビリテーション ( 介護保険短時間通所リハビリ・訪問リハビリ )

リハビリテーション室

理学療法・作業療法・言語療法の専門性の違いについて

当院では、三つの職種が協力し合い、それぞれの専門性を生かしたリハビリテーションを行なっています。

理学療法

理学療法では、四肢体幹の機能を改善し、主に基本動作能力(寝返り・起き上がり・座位・立ち上がり・立位・歩行)の獲得を目標にリハビリを進めます。筋力の強化プログラムやストレッチの正しいやり方等、自主トレーニングの指導やアドバイスも行ないます。


理学療法士
作業療法

四肢の関節可動域訓練・筋力強化訓練・巧緻性訓練や座位・立位バランス訓練等を行い、主にADL動作(日常生活動作)への介入を中心に行っています。
入院患者様の退院後の生活が、より自立したものになるように、自宅に訪問し家屋改修や介助方法等について指導やアドバイスを行ないます。
作業療法士自らが作成した治療道具を使用し患者様の訓練意欲の向上につなげています。
また、2ヶ月に1回ほどのペースで季節に合った貼り絵等を患者様が共同で作成することを目標にし、作品展示も行っています。


作業療法士
言語療法

言語療法では、脳血管障害や頭部外傷などによって、ことばの機能や食べる機能に問題を抱えた患者様に、その機能の維持向上を図るため、お一人お一人の目標に応じたアプローチを行っています。
コミュニケーションがスムーズにとれるように代償手段や補助手段の検討、ご家族への指導や助言も行います。


言語聴覚士
フロアマップをみる